昨日は音源収録のお仕事で日本橋のスタジオへ。
もう最終工程で、初めてご一緒させてもらうソプラノサックスのベテランさんと。

オーケストラアレンジで著名な方の「ちょっとばかりシビアな録音です」と前もって聞いてた上に、このベテランさん、フルートもとても上手いマルチプレイヤーさんだったので、緊張度合いが一気に上がったのは言うまでもありません。いや、温和で優しい方でしたし、皆が和ませてくれたのでほんとに最初だけですが

フルートだけでなくピッコロもあったので心配だったんですが、おかげさまでとてもスムーズに収録は終了。めでたい

120802_1144~01

ところで、この日はフルートの「音の跳躍」についてチェックが。私、鳴りそこなって「ひょっ」となることが多いらしいんですが、自分でよくわからないんですよね。生音では問題なくできてて、至近距離からマイクで狙う録音以外ではたぶん気にならない現象らしいんですが。

「頑張っていきましょう」と言って頂いたので、なんとか自覚して改善しなければ。というか、何年もやってるんだから自分で気付こうよ、私 毎回、録り直しが多い箇所なんだから。

フルートの技術向上はもちろん、ピッコロとアルトフルートの技術も録音レベルに引き上げなきゃいけないし。アドリブ部分を確実にまとめるとか、ジャンルの幅も広げるとか。

う~ん。地道に頑張ります

スポンサーサイト
2012.08.03 Fri l 音楽 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://miefl.blog74.fc2.com/tb.php/421-8e3783cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)